山形の寒晒しそばを一度ご賞味ください。

FrontPage

ようこそ いらっしゃいませ


画像の説明


山形家は出羽(山形市)でそば屋を営む誇りとして、

そして、「山形家」の店名に懸けて出羽産の蕎麦を頑なにこだわっています。


蕎麦店が江戸に誕生してから時間をおかず、

蕎麦に関する技術が山形に伝わって定着し、常食されるようになった。


画像の説明


松尾芭蕉の『奥の細道』の随行者・河合曾良の「曾良旅日記」に

羽黒山で蕎麦を食べた記述があるように、

山形はそば王国としても知られています。


山形県内陸部で広く食べられる蕎麦(そば)の一つが「板そば」だ。


ざるではなく木で作られた長方形の浅い箱状の器に薄く均一に盛られる。

蒸籠に盛られるより水分の吸収が蕎麦に適している。


画像の説明


通常は盛り蕎麦の3~5人前の量であるが、

蕎麦好きであれば、軽く平らげることができる。


山形産の地粉を使って打ち上げた

本物の出羽地蕎麦の味と香りを是非お召し上がりください。


店主: 山形家久兵衛


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional